FC2ブログ
Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Raiz君、検診
昨日は大ハシャギで走ったRaiz君だが、今日は朝からご飯抜きで病院へ。
お昼前から夕方までお預かりでレントゲン、心電図、エコーなど
一通りの検査をしてもらう。

先日の血液検査でどこかに炎症が起きている可能性があったので
それがどこなのか分かれば良いのだが・・・。

血液の再検査では白血球数は14,000/µlから9,000/µlに、
CRPも4.5mg/dLから2.0mg/dLに下がっていたから
炎症があったとしても自然と治まってきてるかも?

でもCRPの値が0じゃないってことは
まだ炎症があるのは事実。
で、それがどこなのかというと、一番怪しいのは「前立腺」らしい。

いわゆる『前立腺肥大』などの症状は出ていないから意外と言えば意外だが、
年齢からいって、もしかしたら、とは思っていたので
「やっぱりそこか」って感じだった。

未去勢のシニア犬だからねぇ〜〜。

サイズ的にはギリギリ正常の範囲内(だから前立腺肥大の症状はなかったんだね)、
左右の差もないが、エコー画像で右の前立腺に黒く抜けている箇所があった。
大きいものが12mm、他に小さいのが1〜2カ所で『前立腺嚢胞』の可能性が大とのこと。
状況からして『前立腺炎』『前立腺膿瘍』まではいっていないそうだ。

まだ初期なので、抗生剤(Baytril)と
犬前立腺肥大症治療剤(ウロエース)でしばらく様子見。
血液検査に出てた数値がここから来ているものだとしたら
そんな大事にならずに済んだってことなのか??

尿検査のほうも蛋白、潜血、上皮細胞、細菌などで引っかかり
かな〜り残念なシッコだったらしい(涙

その他の部分では、心臓は収縮率が若干イマイチなものの
これは昔からなので問題ナシ。
肺・腎臓・肝臓も大丈夫で、背骨にもブリッジはなく、膝や肘もOK。
胆嚢は以前胆泥が溜まっていたことがあったので心配していたが、
少しあるものの、薬を飲むほどではなく、Sandyと違って大きさも正常だった。

なのでやっぱり問題があるのは前立腺だね〜。

GW明けまでお薬を飲ませてみて、また検査の予定。
ひとまずは入院も手術もなくてホッとした〜〜〜。
Raiz君にはいつまでも元気でいてもらわないと!

150428raiz.jpg
「これからも頑張りま〜す」


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。