FC2ブログ
Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひとまず帰宅
担当の先生が出勤してくるまでの2時間ちょっとで
点滴が効いたらしくてだいぶ表情もハッキリしてきて
食欲も出てきたSandyさん。

病院に着いた時には歯茎も白っぽくて貧血も起こしていそうだったが
血液検査上は貧血ではなかったので、どうやら循環が悪くなっていたせいらしい。
それが点滴で改善されたからか、歯茎に血色も戻ってきて
担当の先生が来てくれた時には「もう大丈夫〜!」と元気さをアピール(汗

元気そうだからって「じゃあ帰りますか」ってなるハズもなく、
再度エコーを念入りにしてもらったら
やはりオレンジ色の腹水が出ているとのこと(涙
エコーでも、お腹の中のあちこちに溜まっているのが見えた。

前回の手術から2ヶ月、思ったより早くこの日が来てしまったよ(泣

前回は手術したものの、漏れている箇所が酷い癒着で特定出来ず、
とりあえず糊で塞いだけど塞ぎきれず・・・で
Sandyさんの頑張り(?)で塞き止めている状態なので
次回もしまた同じような状況になったら
出来ることはないかも・・・と言われていたので
万事休すか、と絶望感満載だった。

でも内科的に治療するには限界がある(と言うより無理??)。

痛み止めなどで対処してみたところで
結果的には多臓器不全や敗血症で・・・。
それを如何に遅らせることが出来るかっていう話なだけのようだ。

となると外科的な治療になるが、
1つは前回のように漏れている箇所を塞いで、漏れた胆汁を洗浄。
これだとまた再発の可能性はあるけれど、急場は凌げる。

もう1つは十二指腸へ繋がる胆管を確保した上で、
漏れている箇所を肝臓ごと切除する方法。
成功すれば今のようにお腹に爆弾を抱えているような状態ではなくなる。

でも・・・ただでさえ肝臓は出血しやすい臓器だし、
近くに太い血管が3つもあるため、
手術中に大量出血を起こすリスクが非常に高いそうだ。

人の場合は輸血のストックをたくさん用意して手術するようだが
ワンコの場合はね・・・。
供血犬の条件はなかなか厳しいから、そう簡単には見つけられそうにない。

やっぱり、一番良いのは前回と同じ処置をしてもらうことかなぁ。
最善とは言えなくてもね。

どのみち、明日の水曜日は先生がお休みなので
手術してもらうにしても最短で明後日になる。

お昼過ぎに一旦帰宅して、その間Sandyさんは引き続き点滴してもらった。
夜に面会に行った時に状態が良ければ、そのまま帰っても良いと言われていたけど
急変しても怖いので明後日までは入院させてもらうつもりでいたのに
Sandyさん、他の入院患者につられたのか、ずっと吠えている(汗

これじゃあ安静にもできないだろうし
何より食欲も出てきて大丈夫そうだってことで一緒に帰ることに決定〜!

消炎鎮痛剤(メタカム)と制酸剤(ガスター)を明日の分だけ貰って帰宅。

140528sandy.jpg

若干元気がなさそうな感じがしなくもないけれど、食欲もあるし、
本当に手術が必要???って思ってしまう。

いつもは外へ出ると割とすぐに排便してくれるので
ちょっとそこまで、のつもりで散歩に出たが、なかなか出なくて
結局かなりの時間公園をウロウロ〜。

時々小走りになったりして、
こんなに動けるのが不思議だ。

このまま自然と終結してくれないかなぁ・・・(涙

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。