FC2ブログ
Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[再手術後10日目(通算19日目)]一時出所という名の再退院
今日はSandyさんの再退院の日。

昨日は大雨だったけれど、
何とか雨も止んでくれて良かった。

問題がキッチリ解決されているわけではない
(まだ胆汁漏れがなくなったかが断定できない)ので
再退院といっても一応 “一時帰宅”ってことだから
手放しで “祝!退院!!”とはいえないところが若干残念・・・。

19時頃にお迎えに行き、
先生から今後についての話を伺った。

お腹の筋肉と皮膚との間に溜まった水分は
切開して抜いたものの、まだ少し溜まってくるかもしれないとのこと。
徐々に吸収されていくだろうから大丈夫だとは思うけれど
もし切開箇所から滲み出してきたりするようならば
何か処置する必要があるそうだ。

肝臓の付近にある液体溜まりが手術の時に使った糊なのか
漏れた胆汁なのかは不明のままだが、
とりあえず範囲が広がったり、破裂したりした様子はないって。

炎症反応も減ってきているみたいなので
このままどんどん快方に向かっていってくれるとイイんだけど・・・。

胆汁漏れの箇所が特定できない状態なので
次回、また胆汁性腹膜炎を起こした場合は厳しい状況になってしまうそうだ(涙
また手術できないわけではないが、リスクもかなり高くなるらしく
すれば助かるっていうものでもないらしい。

そんな事態にだけは絶対になって欲しくないなぁ。

家では絶対安静にする必要もないけれど
とにかく穏やかに過ごすこと。
飛んだり跳ねたりは禁止って言われ・・・
無意識に飛んだり跳ねたりしちゃうコだから、厳重注意が必要だね(汗

脾臓の悪性腫瘍が転移していないかは
かかりつけ医で定期的にチェックしていくことになった。
もうすぐ13歳のSandyさんには丁度良いかもね。

Sandyさん、どうせまた置いてかれると思っていたようだが
抱っこされて病院の外へ出たところで「アレ?」って思ったみたい(笑

車に乗っちゃったら、当たり前のように伏せて
何事もなかったかのように帰宅〜〜。

病院で既に夕飯を貰っているので
Raiz君たちのゴハンの時にちょっとだけあげたけど
凄い食べっぷり(笑

このガッツで早く回復しておくれ〜!!

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。