FC2ブログ
Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[術後5日目]病理検査の結果が出た
17:30頃面会に。
点滴も取れて、身軽になったSandyさんは一層元気そうだ。
そろそろ病人気分が薄れてくるころかな〜(笑

経過が良好なので、今週末の退院は確実にできそう。
それまで良い子にしていてくれると良いが・・・。

140220sandy1.jpg

奥のスペースでマッタリしていると
先生がやってきて「病理検査の結果が出ました」と言う。
あ〜なんか聞きたくない感じ(汗

病理組織検査の結果は・・・ ( ↓ 報告書、原文のまま)
----------------------------------------------------------------------------------------------
【診断名】
脾臓:非上皮性悪性腫瘍
胆嚢:コメント参照

【組織所見】
脾臓腫瘤は非上皮性細胞な増殖からなります。
腫瘍細胞は紡錘形など多形性を呈しています。
中程度の異型を示し、核分裂像は少〜中程度認められます。
腫瘍細胞は不規則かつ充実性に増殖しており、
管腔様構造を形成しているように見える部位も認められます。
本標本上、自潰や脈管内浸潤は確認されません。
胆嚢は部位により粘膜がびらんを起こしています。
炎症細胞の浸潤はほとんど確認されません。
胆嚢壁全層において出血が認められ、胆嚢内にも血液は認められます。
また胆嚢壁は浮腫性変化を伴う部位も認められます。
胆嚢壁全層が変性している部位が認められます。
筋層の平滑筋が腫大しています。

【コメント】
脾臓には非上皮性細胞に由来する悪性固形腫瘍です。
血管肉腫の可能性は考えられますが、組織が変性しているため、確定はできません。
転移に関する厳重な経過観察が必要です。
胆嚢にはびらんが認められ、その延長状の変化として胆嚢壁が穿孔したものと考えられます。
びらんの原因となる胆嚢炎などの所見は確認されません。
その他、胆嚢には出血や水腫が生じている以外には、
炎症、変性、壊死などの所見は認められません。
----------------------------------------------------------------------------------------------

ある程度覚悟はしていたので、「やっぱりね・・・」って感じ。

年齢と、あの酷いお腹の状態を見た後では
「何でもありませんでした」なんてことは期待出来ない気もしていたし。

でもこうして結果が出ちゃうとショックだ〜〜(涙

ただ、今のところは腹膜炎を克服して
大手術にも耐えてくれたSandyさんの生命力を信じて
まだどうなるかも分からないことを心配するのはやめようと思う。

確かに脾臓の腫瘍は悪性だったけれど
それ自体は取っちゃったからこれ以上悪さすることはないワケだし、
転移がどんな形で現れるかは予測もつかないしね。

今後しばらくは月イチくらいで転移していないかチェックしていくことにして
半年〜1年くらい何もなさそうなら大丈夫でしょうとのこと。

・・・やれやれ(溜息

本犬は寛いでるところに先生がやってきたので
何かされるんじゃないかとピ〜ピ〜鳴いていたが
先生が行ってしまうと安心したのか、すぐ半落ち状態に(笑

140220sandy3.jpg

目を開けているから起きているのかと思いきや、
急に脚をバタつかせるから、ビックリするんだよね(汗

140220sandy4.jpg

今にもイビキをかく寸前の不細工な寝顔・・・。

ここに初めて来た時には、大雪のせいもあってか結構寒かったんだけど
今日はエアコンがかなり効いてて暖かい。
暑がりなSandyさんには暖かすぎたらしく、せっかくマットを敷いてやったのに
冷たい床のほうがイイってさ〜。

140220sandy2.jpg

そこ、トイレの前なんですけど?(汗

手術の傷も癒えてきて、気持ちも元気になってきたのか
ケージに戻されまいと抵抗するので
帰るタイミングを測るのにも一苦労。

寝ている間にソ〜っと帰れれば一番イイんだけどね。

入院生活も終わりが見えてきたから
あとちょっとの辛抱だよ〜。

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する