FC2ブログ
Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



[術後6日目]強制退院?!(笑
今週末にも退院出来るかも、と言われたのが昨日のこと。
なのでお迎えには土曜に行くか、日曜に行くか・・・なんて悩んでいたのだが
お昼過ぎになって救急センターからの電話が入った。

まさか急変?!とドキドキしながら出たら
元気そうなので今日退院しても良いとの連絡。

・・・Sandyさん、さては一日中吠えてるな(汗

まぁ一泊¥10,000の入院費なので、
一日でも早く退院してくれたほうがお財布には有り難いけれど、
あの傷で帰って来られても怖いよ〜〜〜(涙

それにしても、わざわざ連絡をくれるほどだから
よっぽど大騒ぎしているんだろうと思うと
心配なのでまだ入院させて欲しいというのもご迷惑なので、急遽、お迎えに。

案の定、吠えててうるさい上に、ストレスからかお腹も緩くなってきたとのこと。
せっかく元気になってきたのにストレスで体調を崩しても良くないから・・・と言われ
3年前、10日間ほど預けて激ヤセされた時のことを思い出してしまった(爆

心配していた傷口はだいぶ塞がってきているようだし
特に炎症を起こしていることもないようで、抜糸は来週の木曜日。
それまではセルフ抜糸しないようにエリザベス着用〜。

退院時にかかりつけの獣医さんに渡してくれと言われて
昨日聞いた病理検査の追加資料を受け取った。

1枚目には摘出した脾臓のカラー写真(見ても大丈夫ならコチラ→)が載っていて
「写真は脾臓腫瘤の割面です。割面の暗赤色〜黒褐色の色調は血液の貯留を意味しています。
腫瘍性病変において観られる白色充実性部位や、
血管系腫瘍を示唆する網目状構造などは認められません。
肉眼的には脾血腫や二次的な血腫を伴う過形成性結節などの所見ですが、
脾臓のこうした腫瘤の場合は、豊富な血液の貯留に隠された
何らかの腫瘍性病変が存在する可能性も否定できません。」

2枚目にはそれの顕微鏡写真(コチラ→)が載っていて
「写真1は脾臓腫瘤の中拡大像です。
紡錘形など多形性を呈する非上皮性細胞が腫瘍性に増殖しています。
腫瘍細胞は不規則かつ充実性に増殖しています。
写真2は強拡大像です。
腫瘍細胞は中程度の異型性を示し、核分裂像(矢頭)は少〜中程度認められるなど、
活発に増殖していることから悪性に分類されます。
特徴に欠けますが、一部に管腔様構造を形成しているように見える部位(写真3;*)
も認められることから、、血管肉腫の可能性は考えられます。」

と書いてあった。

これについては、今は考えるのをヤメておこうっと(爆

恐る恐るお会計して(入院期間が最短とはいえ、眩暈がしそうな金額だったよ)
たくさんのお薬(抗生剤<オーグメンチン250>に
肝臓系3種<ウルソ100><スパカール40><グリチロン>、
下痢止め<デルクリアー>、整腸剤<ビオフェルミン>など全6種!)の説明を受けて
何だか信じられない思いでSandyさんを車に乗せた。

緊急手術から一週間も経っていないのに
もう一緒に帰れるなんて!!

・・・若干、強引ではあるけど(笑

帰宅途中、かかりつけの病院に寄って、退院報告。
また置いて行かれるんじゃないかと
戦々恐々としているSandyさんをなだめるのは大変だった。

これからも当分は病院と縁が切れそうにないけれど
今はとりあえず、このピンチを乗り越えてくれたことをお祝いしようね。
お帰り〜〜!!Sandyさん!!!

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する