Hi - Drive Dogs!
2頭のオゥシーSandyとRaizのスポ根日記にDawnも仲間入り。
情報求む!

我が家がいつもお世話になっている方のBCが、2012年4月1日に埼玉県鴻巣の自宅からいなくなってしまいました。 ↓ このバナーで詳細にとべます。

迷子ハヤテ



プロフィール

Teamサンライズ

Author:Teamサンライズ
☆Sandy:オーストラリアンシェパード BM ♀/2001.03.27生(愛知県豊橋市出身)
杉並区のペットショップで、よくある運命の出会いによる衝動買い。犬飼い初心者のもとで立派な問題犬になりつつあったところをドッグスポーツによって救われた(?)1歳過ぎからディスクを始め、その後アジリティー、エクストリーム、オビディエンス、フライボールと活動範囲を拡大。7歳で馬尾症候群になり、腰仙椎にプレートが入っているが、爆走できるまでに回復して現在も現役のつもり。
【JKC】G.AG.Ch・G.T.Ch・CDII【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]03~06・07年全国決勝出場(最高9位)[ハイジャンプ]04~07年全国決勝出場(最高14位)【Flyball】FMX
☆Raiz:オーストラリアンシェパード BT ♂/2004.11.08生(静岡県掛川市出身)
ディスク犬ブライとMAYUの長男で、ファミリーの殆どがディスクドッグ。アジリティーではBC並みの小回りをするクセに、エクではオゥシーならではの爆走を見せる、脳味噌筋肉な男。フリースタイル犬CONNYちゃんとの間に2男4女。
【JKC】G.AG.Ch・T.Ch・CDII 2010世界大会(ドイツ)日本代表【OPDES】TT2永久資格【EXTREME!】[総合]06~13年全国決勝出場・14年は辞退(07・08年優勝、09年準優勝、10年&11年5位)[ハイスピード]06~13年全国決勝出場(08年優勝、09年3位、10年11位、11年9位)【Flyball】FM
☆Dawn:オーストラリアンシェパード BM ♂/2011.05.04生(茨城県牛久市出身)
Raizの次男坊。その個性的な柄ゆえに子犬時代は「ウシ君」と呼ばれていた。先住犬同様、一通りのドッグスポーツを楽しむ・・・のか?
【JKC】2度【OPDES】TT2【EXTREME!】[総合]13年全国決勝出場[ハイスピード]12・13年全国決勝出場
☆Sandyパパ:兎年
☆サンライズ姉:戌年



サンライズ&ドンは何歳?



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



最近のコメント



CalendArchive



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



メールフォーム

【おやつポッケ】のお問合せやご注文もコチラからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Raiz君、検診
昨日は大ハシャギで走ったRaiz君だが、今日は朝からご飯抜きで病院へ。
お昼前から夕方までお預かりでレントゲン、心電図、エコーなど
一通りの検査をしてもらう。

先日の血液検査でどこかに炎症が起きている可能性があったので
それがどこなのか分かれば良いのだが・・・。

血液の再検査では白血球数は14,000/µlから9,000/µlに、
CRPも4.5mg/dLから2.0mg/dLに下がっていたから
炎症があったとしても自然と治まってきてるかも?

でもCRPの値が0じゃないってことは
まだ炎症があるのは事実。
で、それがどこなのかというと、一番怪しいのは「前立腺」らしい。

いわゆる『前立腺肥大』などの症状は出ていないから意外と言えば意外だが、
年齢からいって、もしかしたら、とは思っていたので
「やっぱりそこか」って感じだった。

未去勢のシニア犬だからねぇ〜〜。

サイズ的にはギリギリ正常の範囲内(だから前立腺肥大の症状はなかったんだね)、
左右の差もないが、エコー画像で右の前立腺に黒く抜けている箇所があった。
大きいものが12mm、他に小さいのが1〜2カ所で『前立腺嚢胞』の可能性が大とのこと。
状況からして『前立腺炎』『前立腺膿瘍』まではいっていないそうだ。

まだ初期なので、抗生剤(Baytril)と
犬前立腺肥大症治療剤(ウロエース)でしばらく様子見。
血液検査に出てた数値がここから来ているものだとしたら
そんな大事にならずに済んだってことなのか??

尿検査のほうも蛋白、潜血、上皮細胞、細菌などで引っかかり
かな〜り残念なシッコだったらしい(涙

その他の部分では、心臓は収縮率が若干イマイチなものの
これは昔からなので問題ナシ。
肺・腎臓・肝臓も大丈夫で、背骨にもブリッジはなく、膝や肘もOK。
胆嚢は以前胆泥が溜まっていたことがあったので心配していたが、
少しあるものの、薬を飲むほどではなく、Sandyと違って大きさも正常だった。

なのでやっぱり問題があるのは前立腺だね〜。

GW明けまでお薬を飲ませてみて、また検査の予定。
ひとまずは入院も手術もなくてホッとした〜〜〜。
Raiz君にはいつまでも元気でいてもらわないと!

150428raiz.jpg
「これからも頑張りま〜す」


にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ
スポンサーサイト

年相応って
14歳のSandyさんと10歳半のRaiz君、
我が家の2匹はもう立派にシニア犬なのだが
シニア犬っていうと日向ぼっこでマッタリして
穏やか〜な時間が流れる・・・ってイメージがあったのに
サンライズは真逆というか、「その歳でその動きは危ないだろ」って
ドキドキするようなことばかりしてくれるので気が抜けない(汗

150327sandy4.jpg
「や〜ね、私がシニアに見える?ウケるわ〜〜〜」

Sandyさんはもともと白髪まじりなので(笑)
色の濃いコがよくなるように、口元が白くなったりしてても分からないから
色味では年寄りかどうか分かりにくいよね。
むしろ濃く(黒く)なってる気もするし・・・。

その点Raiz君はパッと見は若作りだけど
さすがに口元や目元に白い差し毛が目立ってきたかな。
気を抜くとジジ臭〜い顔になってる時があるし(爆

150415raiz.jpg
「え”っ!そんなコトないよ」

今日はフィラリアの検査とRaiz君の狂犬病ワクチン接種の為に病院へ。

Sandyさん15.0kg、Raiz君19.0kg、Dawn坊主16.7kgで
まぁ体重はこんなモンか・・・。
フィラリアは全員陰性だったが、血液検査で問題発生。

Sandyさん、総コレステロール値が高くて345mg/dL。
(犬の正常値は135~270 mg/dL)
ただし、もともとコレステロール値は高めの犬種なのと
総コレステロール値なので一概に悪玉コレステロールが高いとも言えずで
なるべく脂質を抑えた食生活を心がけるということで決着。

Raiz君とDawn坊主の結果はまだ時間がかかるとのことだったので
何か問題があったら連絡をいただくことにして
とりあえず去年のSandyさんのゴタゴタで受けられなかった
Raiz君の健康診断の予約を入れて帰宅したところ、先生から連絡が(汗

これまで多くても9,000/µlくらいだった白血球数が14,000/µlで
炎症反応を示すCRPも4.5mg/dL、と高いので(普通は0〜1mg/dL)
どこかで何がしかの炎症が起きている可能性があるらしい。

膀胱炎くらいなら良いが、重篤な炎症だと心配だ。
後脚の指の筋をやっちゃったことからきたものにしては
日数が経ち過ぎているし・・・。

なのでGW明けに入れていた検診の予約を週明けにしてもらって
どこで炎症が起きているか調べてもらうことになった。

健康優良児のRaiz君だけど、
やっぱりあちこちガタがくるお年頃なのかねぇ(溜息
Raiz君が病気かも、なんて考えただけで息苦しくなってくるよ。

数値に出ている以上、何でも無いってことはないんだろうが
見た目はバッチリ元気そうなんだよね〜〜〜。

大事でないことを祈ります。

あ、因みにDawn坊主はな〜んも問題ナシ。
若いってイイな〜〜(笑

にほんブログ村 犬ブログ オーストラリアンシェパードへ

何故か増量〜(涙
昨日、安曇野から帰って来てふとSandyさんを見たサンライズ姉が
Sandyの左目と左耳がおかしいと言い出した。

確かに、左目がのフチが多少腫れぼったいし
耳もかなり汚れていて、臭い。

Sandyさんの耳はこれまでもほぼノーメンテナンスでOK!だったのに
こんなに臭い&耳垢もたくさん、なのは明らかにヘンだ。
目は、もしかして安曇野でかぶれた?

特に痒がっているふうでもなかったのだが
フィラリアの薬をもらいに行く必要もあったので
せっかくだから診てもらうことにした。

安曇野でも「ずいぶんしっかりしたね」と言われたSandyさん、
体重は15.1kgで「若干重くなりましたね〜」って。

さすがに15kg台も後半になっちゃうとツライけど、
最近はそんなに走らせてもいないし、今くらいだったらヨシとするかなぁ。

目の腫れはだいぶ引いてきてて、今はあまり分からない感じだったが
眼球に傷もなく、こっちはまた酷くならないか様子見する事に。

120723sandy.jpg

目に傷がついていないかを確認するのに蛍光色の液体を垂らされたSandyさん。
お鼻からも黄緑色の鼻水が(笑

耳のほうも、ウチの基準では十分に汚いのだが
これくらいだったら問題ないでしょう、との事(じゃあ、汚れている状態ってどんなだよ・汗)。

Raiz君は19.1kgで500g増量。
う〜ん、これは何でだろ・・・(滝汗
やっぱり運動不足だよね。
でもこれ以上餌の量は減らしたくないし、難しい〜〜〜。

最後に、一番要ダイエットなDawn坊主、
結果は衝撃の300g増で、19.4kg!

ナゼに増量???(涙

膀胱炎その後
抗生物質(エンロフロキサシン/商品名バイトリル)を飲んで、
治まったかに見えたSandyさんの膀胱炎だが
2、3日前からまたRaiz君のしつこさが復活!(涙

さては処方してもらった抗生剤では効かなかったのか?と病院に電話してみたら
培養の結果ではあのクスリで大丈夫なハズだと言う。

ン~~~~じゃぁやっぱり、Raiz君の行動は
Sandyさんの膀胱炎とは関係なかったのか???(汗

明日の分までクスリは貰っているが、
一日早く尿検査をしてもらう事にして、
朝イチのシッコを手に病院へ。

体重は15.3kg、体温は38.0℃で
一週間前に比べるとちょっと太ってるけど
肝心の尿検査の結果は菌もいなくなってて膀胱炎は治っているらしい。
念押しにもう一週間分の抗生剤(前と同じ)を飲ませてオシマイ。

さて、お次はRaiz君。

かれこれ1ヶ月くらい前から鼻の下、上唇の右側が赤く腫れていて
最初はケージから出ようとしたか何かで擦り傷でもつくったのだと
あまり深刻に考えていなかったのだが
治る様子がないので段々心配になってきて・・・。

場所的に“肥満細胞腫”とか“扁平上皮癌”とか
そんなんだったらどうしようと思ったら
一刻も早く診て貰わないと!って気になってしまった。

今はネットで色々調べられて便利だけど
『最初は怪我と区別がつかない』とか『早期発見しないと手遅れ』とかって書いてあるのをみると
不安が募ってくるよねぇ。

見る人がみれば、「あぁ、こんなモン、ただの傷でしょ」って分かるのかもしれないけれど
素人の我々には見分けがつかないからな~。

120409raiz.jpg

[続きを読む]

里帰りで手術?!
西の方へ遠征した時にはなるべくRaiz君の実家に寄らせて貰うことにしているので
今回も特に用もないのに(笑)お邪魔してきた。

まずはちょっぴり太ってしまったRaiz君を披露。

肋も腰骨も触れるのだが、先日の測定でも20kg近かったので
ドキドキの体重測定、結果は・・・19.4kgで、とりあえずはホッ。
それでも一時期よりは1kg近く重いけれど、
歳を考えるとあまり絞り過ぎるのも怖いような気がするので
足腰に負担がかからない程度なら良いのかなぁ?

今後のトレーニング方法などを教えていただいて、終了の予定だったのだが
ふと思いついて首もとに出来ているイボを診て貰った。

20120305raiz.jpg

以前、もっと小さい時に診て貰っていて、
かかりつけの病院でも経過観察中のものなのだけれど
良性って事でそのまま放置しているものの、どんどん大きくなっているのは事実なので
「今、こんな状態です」ってお見せしておこうくらいのつもりだった。

そうしたら、「今、取っちゃう?」って話になり・・・その場で施術(汗

局所麻酔して、レーザーで切除、後はステープラーで止めて終わり。
あっと言う間の処置でした。

地元の病院でも「取っちゃいますか?」って話は出ていたのだが
局所麻酔ではちょっと心配かも、って言われると
良性のイボを取るのにわざわざ全身麻酔も大袈裟だし
(Raiz君はまだ全身麻酔をかけた事がない)
取ってもまたすぐ生えて来ちゃうかも、と言う可能性もあって
そんなこんなで今まで様子見で来てしまったが、なんと呆気ない(笑

首もとと言っても首輪が干渉する場所じゃないが
とりあえず散歩はいつも通りハーネスでする事にして
今週末は大会もないし、丁度良かったね。

更に都合が良い事に、再来週には岐阜で競技会があるので
その帰りに寄って、抜糸(抜針?)して貰うことになった。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。